何よりも「味」にこだわる

代表:湯浅勇

第一に「味」にこだわり続けています。

理由は、鰹節問屋業の節の販売先は「蕎麦屋」です。

日本中の老舗の蕎麦屋へ節を販売し続けるという事は、
    
1店舗1店舗「つゆ」の味が違います。

蕎麦屋の店主は「職人」で味が変わる事が無いように、店の味を守り続けています。

店主の信頼に応え続ける事こそ私の自信に繋がります。
 

自分の舌で確かめる。

    
仕入れる節、見栄えだけでなく硬い節を叩いて割って、私の舌で確認します。

この節はあの店に合う、その節はあの店に合うという長年の経験値が活かされます。

全てが天産物ですから、毎日湯を沸かし、削り節を入れてだし取りをして再確認をします。

妥協はしません。

時代が変わっても変わらない「味」を追求し続けて守る大切さがそこにあるからです。

1店舗ごとの「味」、1家庭ごとの「味」、1個人の「味」、全てのお客様の声に応え続ける為に、

今日も明日も・・・こだわり続けます。
 

>>>湯浅商店代表:湯浅勇自慢の削り節はこちら<<<

営業日カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
赤字:定休日(土日祝)

緑字:臨時休業日